fc2ブログ
Since 2008.05.17

気ままに温泉巡り日記

超秘湯から有名温泉まで、気ままに紹介します。

02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »04

プロフィール

ねゐる

Author:ねゐる
・趣味は温泉巡り
(特に秘湯やB級温泉を好む)
・温泉巡り歴は21年目
(2002年~)
・現在の入湯数は約600湯
・主に新潟県の温泉地に出没


最近の記事


過去ログ


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー



白布温泉 西屋旅館
温泉名・施設名:白布温泉 西屋旅館
場所:山形県米沢市関1527 [地図]
訪問日:2008.03.29(土)
泉質:カルシウム-硫酸塩泉
日帰り入浴料金:500円 (タオルなし)
勝手に5段階評価:☆☆☆☆

前項から続く(ブログ参照)。

この日は米沢市の温泉を巡った。
米沢湯巡りの3湯目は、白布温泉の老舗旅館の一つ「西屋旅館」。
白布温泉や「白布温泉湯めぐり街めぐりクーポン」については、前項の東屋旅館を参照のこと(ブログ参照)。

2000年3月の火災を免れた西屋旅館は、現在、白布温泉で唯一の茅葺屋根の残る旅館となっている。
下記画像左の母屋は築約200年だという。茅葺屋根の重厚な木造建築を見ていると、まるで江戸時代にでもタイムスリップしたかのような感覚になる。そして雪景色が何とも絵になる。
shirabu_nishiya_01.jpg

「こ、これは…。デジャヴ!?」
浴室に入って、まずそう感じた。なぜかと言えば、先ほど入った東屋旅館と浴槽の作りがそっくりだったからだ。この時初めて分かったのだが、3本の湯口から注がれる滝湯、これが白布温泉の昔からのスタイルなのだ。

露天風呂はなく、内風呂だけである(家族風呂もあり)。
浴室内には開湯時そのままの湯治場の面影を守っているため、シャワーやカラン等の設備はない(家族風呂にはある模様)。

源泉温度は約60度で、常時山水で加水して冷ましているようであるが、かなり熱めの湯が注がれていた。
熱過ぎて滝湯(打たせ湯)に当たれない…。
shirabu_nishiya_03.jpg

滝湯の浴槽は、江戸中期頃、職人が一枚一枚御影石を削り出して作ったという歴史のある浴槽だという。
湯は無色透明無味であるが、少々硫化水素臭が漂う。

入り口脇にある浴槽。
「上がり湯ですが熱いので入れません。桶で湯を冷まし体にかけて上がって下さい。」と書いてあった。
shirabu_nishiya_02.jpg

館内(特に母屋)は文化財のようなたたずまいで、ちょっと感動すら覚えた。

↓お得な宿泊プランのある「じゃらん」。(じゃらんの「西屋旅館」のページを開きます)



記事が、面白かった、ためになったと感じたら、
↓拍手をお願いします(参考&励みになります)。
web拍手 by FC2
山形県 / 2010.03.13 08:20 / TB[0] / CM[0]


白布温泉 東屋旅館
温泉名・施設名:白布温泉 東屋旅館
場所:山形県米沢市関1537 [地図]
訪問日:2008.03.29(土)
泉質:カルシウム-硫酸塩泉
日帰り入浴料金:500円 (タオルなし)
勝手に5段階評価:☆☆☆☆

前項から続く(ブログ参照)。

この日は米沢市の温泉を巡った。
米沢湯巡りの2湯目は、白布温泉の老舗旅館の一つ「東屋旅館」。

白布温泉は1312年開湯の歴史ある温泉地であり、数軒の宿からなる。江戸初期、米沢藩の直江兼続が秘密裏に鉄砲製造を行った地としても知られている。
茅葺屋根の「西屋旅館」、「中屋旅館」、「東屋旅館」の立ち並ぶ姿は、白布温泉のシンボル的存在であったという。
2000年3月に中屋旅館を火元とする火事が起こり、中屋旅館と東屋旅館が全焼し、茅葺屋根の宿は西屋旅館のみとなった。

白布温泉(7軒+新高湯温泉1軒)では「白布温泉湯めぐり街めぐりクーポン」を販売している。土産屋などで1000円で購入でき、3軒の温泉に入ることができる(使用期限は半年間)。

全焼した東屋旅館は新しく立て直され、翌2001年にオープンした。消防法などの規制により、残念ながら茅葺屋根での復元はできなかったという。なお、東屋は"あずまや"ではなく、"ひがしや"と読む。日本秘湯を守る会の宿である。

最近少なくなってきた円柱のポストが出迎えてくれる。
shirabu_higashiya_01.jpg

風呂は内風呂、露天風呂、家族風呂(貸切風呂)と揃っている。
内風呂も新しく作られているのだが、柱や壁などが木造であり、おそらく昔の浴室と同じような造りにしたのであろう(内風呂は湯気がすごくて、うまく撮れず…)。
浴室に入ると、まずは木造の湯船がある。ぬるめのお湯だった。掛け湯用?
shirabu_higashiya_02.jpg

その奥に、滝風呂がある。いわゆる打たせ湯である。3箇所から勢いよく流れ落ちている。湯はかなり熱い。
shirabu_higashiya_03.jpg

その湯の滝がもう一つ別な浴槽に注がれている。
湯は無色透明無味であるが、若干の硫化水素臭あり。白っぽい湯花が大量に沈んでいた。
shirabu_higashiya_04.jpg

露天風呂は再建した時に新設された。眺めがいいわけではないが、広々としており開放感がある。
shirabu_higashiya_05.jpg

訪問時は知らなかったのだが、どうやら日帰り入浴でも家族風呂(貸切風呂)に入れるようだ(私は写真だけ)。
家族風呂は2つある。こちらは特徴のある形をした浴槽である。一つの岩石をくり抜いて作ったものだという。
shirabu_higashiya_06.jpg

もう一つの家族風呂。こちらはシンプルな浴槽である。
shirabu_higashiya_07.jpg

火災で歴史ある建物が消失してしまったのは残念ではあるが、新しく建てられた建物も木材がふんだんに使われ、どこか温かみのある素晴らしい宿だった。浴室は当時の老舗旅館の面影を感じることができた。

↓お得な宿泊プランのある「じゃらん」。(じゃらんの「東屋旅館」のページを開きます)



記事が、面白かった、ためになったと感じたら、
↓拍手をお願いします(参考&励みになります)。
web拍手 by FC2
山形県 / 2010.03.09 23:37 / TB[0] / CM[0]


新高湯温泉 吾妻屋旅館
温泉名・施設名:新高湯温泉 吾妻屋旅館
場所:山形県米沢市大字関字湯の入3934 [地図]
訪問日:2008.03.29(土)
泉質:含硫黄-カルシウム-硫酸塩泉
日帰り入浴料金:500円 (タオルなし)
勝手に5段階評価:☆☆☆☆

この日は地元の新潟を離れ、隣りの山形県へ遠征した。一日かけて米沢市の温泉を巡ったので、順に紹介する。

米沢市には米沢八湯(新高湯、白布、小野川、大平、滑川、姥湯、五色、湯の沢)と呼ばれる温泉地があり(実際はもっとたくさんあるのだが)、温泉巡りには最適である。
全て周りたかったが、冬季休業や日帰り不可のところもあり、半分以上は断念した。

米沢湯巡りの1湯目は、山奥の秘湯、新高湯温泉「吾妻屋旅館」。
新高湯温泉は白布温泉の更に奥にある一軒宿の秘湯。明治35年開湯の老舗旅館で、標高1126(いいふろ!)メートルの高所にある。日本秘湯を守る会の宿。

新高湯温泉(1軒)と白布温泉(7軒)では「白布温泉湯めぐり街めぐりクーポン」というものを土産屋などで販売している。1000円で利用券3枚綴りになっており、3軒の温泉を利用でき、大変お得である(使用期限は半年間)。

この日は3月下旬。米沢の市街地までは雪はほとんどなかったのに、この辺りに来たら急に雪深くなってきた。
天元台駐車場からの山道1kmは、道路に雪がある場合、普通車(2WD)の通行はできない。私の車は一応4WDだったので当然大丈夫だろうと山道を進んだ。しかし、予想外の急坂で何度も車が止まりそうになり、冷や汗をかきながら何とか吾妻屋旅館に辿り着くことができた。冬季は例え4WD車でも、天元台駐車場に停めて徒歩で行くのも賢い選択肢の一つである。
shintakayu_01.jpg

露天風呂への入り口。日帰りで入れるのは露天風呂だけである。宿で料金を払ってから、外にある露天風呂へ行く。
shintakayu_05.jpg

露天風呂は少し下がったところにあり、上からちょっと見える…。
露天風呂にはそれぞれ脱衣場がある。「眺望大露天風呂」と「根っこ露天風呂」は混浴だが、「女性専用露天風呂」もある模様。
shintakayu_02.jpg

まずは、根っこ露天風呂へ。
この露天風呂は、樹齢250年の栗の木をくり抜いて湯船にしたもので、吾妻屋旅館の名物でもある。
のれんをくぐったら、丁度女性が入浴中で、慌てて出た(混浴だから慌てて出る必要もないのだが…)。まあ、またあとで来よう。

気持ちを改め、眺望大露天風呂へ。そこそこ広い露天風呂だが、結構浅く、冬は寒い…。
湯はほとんど無色透明だが、白っぽい湯花が多い。味はあまり感じないが、硫化水素臭が漂う。
shintakayu_03.jpg

湯船からの眺め。誰も入って来ず、ずっと独り占めだった。
shintakayu_04.jpg

しばらく、ここで根っこ露天風呂が空くのを待っていたが、一向に上がる気配がない。上がって、車でもしばらく待っていたが、上がってこない。
湯巡りの一湯目であり、ここであまり時間は掛けられないということで、タイムアウト。根っこ露天風呂は諦めた…。

名物の根っこ露天風呂に入られなかったのは残念ではあったが、秘湯の雪見風呂を十分堪能できた。また別な季節にも訪れてみたい。そして、次こそは根っこ露天風呂に入れますように…。
なお、日帰り入浴は12時~16時だけなのでご注意を。

↓お得な宿泊プランのある「じゃらん」。(じゃらんの「吾妻屋旅館」のページを開きます)


記事が、面白かった、ためになったと感じたら、
↓拍手をお願いします(参考&励みになります)。
web拍手 by FC2
山形県 / 2010.03.05 22:54 / TB[0] / CM[0]



< NEW  + 


お勧めサイト



    私もよく利用する旅行サイトです。お得な情報が満載!


ブログ内 記事検索


スポンサードリンク





RSSフィード


QRコード

QR


* Designed by cadet; * -----【Login】