fc2ブログ
Since 2008.05.17

気ままに温泉巡り日記

超秘湯から有名温泉まで、気ままに紹介します。

02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »04

プロフィール

ねゐる

Author:ねゐる
・趣味は温泉巡り
(特に秘湯やB級温泉を好む)
・温泉巡り歴は21年目
(2002年~)
・現在の入湯数は約600湯
・主に新潟県の温泉地に出没


最近の記事


過去ログ


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー



白布温泉 西屋旅館
温泉名・施設名:白布温泉 西屋旅館
場所:山形県米沢市関1527 [地図]
訪問日:2008.03.29(土)
泉質:カルシウム-硫酸塩泉
日帰り入浴料金:500円 (タオルなし)
勝手に5段階評価:☆☆☆☆

前項から続く(ブログ参照)。

この日は米沢市の温泉を巡った。
米沢湯巡りの3湯目は、白布温泉の老舗旅館の一つ「西屋旅館」。
白布温泉や「白布温泉湯めぐり街めぐりクーポン」については、前項の東屋旅館を参照のこと(ブログ参照)。

2000年3月の火災を免れた西屋旅館は、現在、白布温泉で唯一の茅葺屋根の残る旅館となっている。
下記画像左の母屋は築約200年だという。茅葺屋根の重厚な木造建築を見ていると、まるで江戸時代にでもタイムスリップしたかのような感覚になる。そして雪景色が何とも絵になる。
shirabu_nishiya_01.jpg

「こ、これは…。デジャヴ!?」
浴室に入って、まずそう感じた。なぜかと言えば、先ほど入った東屋旅館と浴槽の作りがそっくりだったからだ。この時初めて分かったのだが、3本の湯口から注がれる滝湯、これが白布温泉の昔からのスタイルなのだ。

露天風呂はなく、内風呂だけである(家族風呂もあり)。
浴室内には開湯時そのままの湯治場の面影を守っているため、シャワーやカラン等の設備はない(家族風呂にはある模様)。

源泉温度は約60度で、常時山水で加水して冷ましているようであるが、かなり熱めの湯が注がれていた。
熱過ぎて滝湯(打たせ湯)に当たれない…。
shirabu_nishiya_03.jpg

滝湯の浴槽は、江戸中期頃、職人が一枚一枚御影石を削り出して作ったという歴史のある浴槽だという。
湯は無色透明無味であるが、少々硫化水素臭が漂う。

入り口脇にある浴槽。
「上がり湯ですが熱いので入れません。桶で湯を冷まし体にかけて上がって下さい。」と書いてあった。
shirabu_nishiya_02.jpg

館内(特に母屋)は文化財のようなたたずまいで、ちょっと感動すら覚えた。

↓お得な宿泊プランのある「じゃらん」。(じゃらんの「西屋旅館」のページを開きます)



記事が、面白かった、ためになったと感じたら、
↓拍手をお願いします(参考&励みになります)。
web拍手 by FC2
山形県 / 2010.03.13 08:20 / TB[0] / CM[0]



 + 


お勧めサイト



    私もよく利用する旅行サイトです。お得な情報が満載!


ブログ内 記事検索


スポンサードリンク





RSSフィード


QRコード

QR


* Designed by cadet; * -----【Login】