fc2ブログ
Since 2008.05.17

気ままに温泉巡り日記

超秘湯から有名温泉まで、気ままに紹介します。

11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »01

プロフィール

ねゐる

Author:ねゐる
・趣味は温泉巡り
(特に秘湯やB級温泉を好む)
・温泉巡り歴は21年目
(2002年~)
・現在の入湯数は約600湯
・主に新潟県の温泉地に出没


最近の記事


過去ログ


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー



赤倉温泉 お宿 ふるや
温泉名・施設名:赤倉温泉 お宿 ふるや
場所:新潟県妙高市赤倉549-6 [地図]
訪問日:2010.10.02(土)
泉質:カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉
日帰り入浴料金:600円 (タオルなし)
勝手に5段階評価:☆☆☆☆

前項(ブログ参照)から続く。

妙高高原温泉郷の湯巡り8箇所目にして本日最後の湯は、赤倉温泉「お宿 ふるや」。期間限定の「湯めぐりチケット」を使用。

この日の湯巡りで、燕温泉の硫化水素臭、関温泉の鉄臭など、体中から異様な臭いがしていた(苦笑)。最後は比較的柔らかい赤倉温泉で体を洗い直すことにした。
赤倉温泉の旅館にはあまり入浴したことがないので、どこでも良かったのだが、湯めぐりチケットが使えて、さらに露天風呂のあるこの宿に決めた。

ふるやは、赤倉温泉街の一角にあり、赤倉温泉の中では中規模の和風旅館である。
akakura_huruya_01.jpg

浴場は、畳敷きの「畳の湯」と十和田石を敷き詰めた「石の湯」がある。
この日入ったのは、畳の湯である。浴場の床が畳(い草ではないと思うが)になっており、大変面白い。
akakura_huruya_02.jpg
浴槽には3つの区画があり、上記画像手前の区画は少し深くなっているのだが、かなりのヌル湯である。おそらく35度以下である。
湯は無色透明でほとんど無味だが、硫化水素臭がする。白い湯花が見られた。

いわゆる寝湯の「ねそべり湯」。2人用。
akakura_huruya_03.jpg

木造の露天風呂。かなり熱めで、ほとんど入られなかった。
周りを板で囲まれており、入浴しながらの眺めは良くない。
akakura_huruya_04.jpg

立ち上がると、眺めはなかなか良い。
akakura_huruya_05.jpg

これにて、妙高高原温泉郷の湯巡りは終了。このエリアはまだまだ入りたい温泉が沢山ある。
今年(2010年)販売された「湯めぐりチケット」、来年以降も企画してくれることを切に願う。

↓お得な宿泊プランのある「じゃらん」。(じゃらんの「お宿 ふるや」のページを開きます)


記事が、面白かった、ためになったと感じたら、
↓拍手をお願いします(参考&励みになります)。
web拍手 by FC2
妙高市 / 2010.12.18 10:18 / TB[0] / CM[0]



 + 


お勧めサイト



    私もよく利用する旅行サイトです。お得な情報が満載!


ブログ内 記事検索


スポンサードリンク





RSSフィード


QRコード

QR


* Designed by cadet; * -----【Login】