fc2ブログ
Since 2008.05.17

気ままに温泉巡り日記

超秘湯から有名温泉まで、気ままに紹介します。

11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »01

プロフィール

ねゐる

Author:ねゐる
・趣味は温泉巡り
(特に秘湯やB級温泉を好む)
・温泉巡り歴は21年目
(2002年~)
・現在の入湯数は約600湯
・主に新潟県の温泉地に出没


最近の記事


過去ログ


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー



中子沢温泉 源泉
温泉名・施設名:中子沢温泉 源泉
場所:新潟県魚沼市中子沢
訪問日:2013.11.09(土)
泉質:含二酸化炭素・弱放射能-カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
日帰り入浴料金:無料 (タオルなし)
勝手に5段階評価:☆☆☆☆☆

大変珍しい泉質の中子沢温泉の源泉を紹介する。

中子沢温泉「羽川荘」(ブログ参照)は老朽化のため、2013年12月末をもって閉鎖される。
最後にもう1回入浴してみようと思い、約5年振りに訪問してみた。

訪問してみると、入口に「本日、休憩所貸切にて、日帰り入浴のみ」と張り紙がしてあり、館内からはカラオケの大きな歌声が聞こえた。
ロビーのソファーもご老人達で混み合っているのが見えて、とてもゆっくり出来そうになかったので、入浴は止めにした。

付近を散策していたら、中子沢温泉の温泉スタンドを見つけた。
蛇口付近は赤褐色の析出物が見られ、温泉のパワーを感じる。5cmのパイプ管は結晶のため、半年で詰まってしまうという。
chushizawa_01.jpg

コックをひねると、無色透明の冷たい源泉が出てくる。
chushizawa_02.jpg
源泉は鉄味鉄臭、炭酸味(すっぱい)がし、炭酸のシュワシュワを感じた。
加水加温循環している羽川荘の浴槽内の湯とは全く異なる。
「含二酸化炭素・弱放射能-カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉」と大変長い泉質名で、大変珍しい泉質でもある。「木ノ葉石の湯」と呼ばれている。

毒沢温泉(ブログ参照)のように、非加温源泉そのままの浴槽があると個性的な温泉施設になるんだが(と言っても、もう閉鎖されるが)。

付近を流れる羽根川の渓谷。
chushizawa_03.jpg

羽川荘は閉鎖されてしまうが、この珍しい泉質の源泉を今後も有効活用して頂きたいものである。
記事が、面白かった、ためになったと感じたら、
↓拍手をお願いします(参考&励みになります)。
web拍手 by FC2
魚沼市 / 2013.12.08 17:58 / TB[0] / CM[0]



 + 


お勧めサイト



    私もよく利用する旅行サイトです。お得な情報が満載!


ブログ内 記事検索


スポンサードリンク





RSSフィード


QRコード

QR


* Designed by cadet; * -----【Login】