fc2ブログ
Since 2008.05.17

気ままに温泉巡り日記

超秘湯から有名温泉まで、気ままに紹介します。

02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »04

プロフィール

ねゐる

Author:ねゐる
・趣味は温泉巡り
(特に秘湯やB級温泉を好む)
・温泉巡り歴は21年目
(2002年~)
・現在の入湯数は約600湯
・主に新潟県の温泉地に出没


最近の記事


過去ログ


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー



小野川温泉 共同浴場 滝の湯
温泉名・施設名:小野川温泉 共同浴場 滝の湯
場所:山形県米沢市小野川町 [地図]
訪問日:2008.03.29(土)
泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
日帰り入浴料金:200円 (タオルなし)
勝手に5段階評価:☆☆☆☆

前項から続く(ブログ参照)。

この日は米沢市の温泉を巡った。
米沢湯巡りの7湯目は、小野川温泉の共同浴場の一つ「滝の湯」。
小野川温泉の基本情報については、過去記事「足湯・飲泉所 小野小町」の項を参照のこと(ブログ参照)。

小野川温泉には3つの共同浴場がある(滝の湯、尼湯(ブログ参照)、小町の湯)。全て無人である。
温泉街のメイン通りにある「滝の湯」は、何の飾り気のない、鄙びた建物である。それ故、いい湯に出会えそうな予感。
onogawa_takinoyu_01.jpg

入浴券は道を挟んで反対側にある「岩瀬商店」で購入し、入浴中は脱衣棚の前に提示しておき、帰る時に入浴券入れに入れるのがここのルール。私はそのルール知らなかったので、即行、入浴券入れに入れてしまった(苦笑)。

午後10時に自動施錠されるようだが、「(前略)施錠後は内側からも開きません。(中略)施錠後は翌日の朝5時まで出られません。閉じ込められても一切責任を負いません(後略)」と怖いことが掲示されていた(苦笑)。
onogawa_takinoyu_02.jpg

年季が入ったシンプルな浴槽が一つのみ。これぞ共同浴場である。
湯は無色透明ながら、白っぽい湯花が漂う。少々しょっぱく、硫化水素臭、たまご味がする。
onogawa_takinoyu_03.jpg
入ってみると、かなり熱い。45度くらいあったのではないだろうか。地元の人は熱がりもせず平気で入っていたが…。

女湯の入り口脇に、「ラジウム卵製造処」がある。高温の温泉が満たされた槽があり、この中に生卵を入れて、温泉玉子を作ることができるようなのだが、体験料1コ20円と書いてある。
持参した生卵で20円払って作るのか、それとも、20円で生卵を購入して作るのか、どちらか判断できなかった。前者だったら、ちょっと高いというか、セコイというか…。
onogawa_takinoyu_04.jpg

温泉玉子体験料20円は見なかったことにして(笑)、温泉自体は大変素晴らしいものだった。
もう一つの共同浴場「尼湯」と比べ、自己主張していない建物のため、尼湯よりも観光客の訪問は少ないと予想される(少なくとも今回はそうだった)。

↓お得な宿泊プランのある「じゃらん」。(じゃらんの「小野川温泉」のページを開きます)


記事が、面白かった、ためになったと感じたら、
↓拍手をお願いします(参考&励みになります)。
web拍手 by FC2
山形県 / 2010.03.27 08:07 / TB[0] / CM[0]






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 


お勧めサイト



    私もよく利用する旅行サイトです。お得な情報が満載!


ブログ内 記事検索


スポンサードリンク





RSSフィード


QRコード

QR


* Designed by cadet; * -----【Login】