fc2ブログ
Since 2008.05.17

気ままに温泉巡り日記

超秘湯から有名温泉まで、気ままに紹介します。

02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »04

プロフィール

ねゐる

Author:ねゐる
・趣味は温泉巡り
(特に秘湯やB級温泉を好む)
・温泉巡り歴は21年目
(2002年~)
・現在の入湯数は約600湯
・主に新潟県の温泉地に出没


最近の記事


過去ログ


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー



小野川温泉 共同浴場 尼湯
温泉名・施設名:小野川温泉 共同浴場 尼湯
場所:山形県米沢市小野川町 [地図]
訪問日:2008.03.29(土)
泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
日帰り入浴料金:200円 (タオルなし)
勝手に5段階評価:☆☆☆☆

前項から続く(ブログ参照)。

この日は米沢市の温泉を巡った。
米沢湯巡りの8湯目は、小野川温泉の共同浴場の一つ「尼湯」。
小野川温泉の基本情報については、過去記事「足湯・飲泉所 小野小町」の項を参照のこと(ブログ参照)。

温泉街のほぼ中央にある尼湯は、小野川温泉の象徴ともいうべきもので、建物は大変趣きがある。
古くは、戦国武将 伊達政宗もここで傷を癒したと伝えられている。
onogawa_amayu_01.jpg

入浴券は近くの「つるや商店」で購入する。無人のため、脱衣場の脱衣棚の手前に入浴券を置き、入浴する。これは、料金支払い済みを証明するためであろう(無銭入浴する"やから"がいたのかも知れない)。最後に入浴券入れに入れる帰る。
…と言う独自のルールを、入場早々、入浴券入れに入れてから知った…(苦笑)。無銭入浴する"やから"に見られたかも知れない(汗)。

共同浴場らしく、シンプルな浴槽が一つ。鏡はあるが、カランやシャワーはない。
掛け湯をしたらかなり熱い。備え付けの温度計を見たら、45度あった…。
onogawa_amayu_02.jpg
湯は無色透明だが、白っぽい湯花が漂う。硫化水素臭がし、少々しょっぱく、たまご味がする。

尼湯の前には飲泉所「峰の薬師」があり、無料で飲泉できる。内風呂同様、たまご味+程良い塩味でなかなか美味しい。 onogawa_amayu_03.jpg

さらには、清水も沸いていて、飲水もできる。
特に看板もなかったので、名前は分からなかった。近くにある「滝の清水」(ブログ参照)と同じものかは不明。
onogawa_amayu_04.jpg

尼湯温泉枡。温泉玉子を作っているところだった。ただ、これがどういうものかは分からなかった(売り物??)。
onogawa_amayu_05.jpg

小野川温泉の代表する施設だけに、かなり混み合っていた。尼湯と滝の湯(ブログ参照)、どちらか片方に入るならば、やはり尼湯と考える人が多数であろう。

↓お得な宿泊プランのある「じゃらん」。(じゃらんの「小野川温泉」のページを開きます)


記事が、面白かった、ためになったと感じたら、
↓拍手をお願いします(参考&励みになります)。
web拍手 by FC2
山形県 / 2010.03.31 08:13 / TB[0] / CM[0]






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 


お勧めサイト



    私もよく利用する旅行サイトです。お得な情報が満載!


ブログ内 記事検索


スポンサードリンク





RSSフィード


QRコード

QR


* Designed by cadet; * -----【Login】