fc2ブログ
Since 2008.05.17

気ままに温泉巡り日記

超秘湯から有名温泉まで、気ままに紹介します。

02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »04

プロフィール

ねゐる

Author:ねゐる
・趣味は温泉巡り
(特に秘湯やB級温泉を好む)
・温泉巡り歴は21年目
(2002年~)
・現在の入湯数は約600湯
・主に新潟県の温泉地に出没


最近の記事


過去ログ


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー



関温泉 うぐいすの初音
温泉名・施設名:関温泉 うぐいすの初音
場所:新潟県妙高市関山6087-12 [地図]
訪問日:2010.10.02(土)
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
日帰り入浴料金:平日600円、休日・休前日700円
勝手に5段階評価:☆☆☆☆

前項(ブログ参照)から続く。

妙高高原温泉郷の湯巡り7箇所目は、関温泉「うぐいすの初音」。期間限定の「湯めぐりチケット」を使用。
「うぐいすの初音」は、かつて「はつねや旅館」として営業していたが、2007年4月にコンセプトを一新してリニューアルオープンした。客室は4部屋しかないが、全て露天風呂付き客室である。そのため、宿泊料金は少々高めである。

新潟温泉大図鑑(ブログ参照)には、日帰り入浴できるようには書いていなかった。「湯めぐりチケット」限定で開放したのかと思い、ここぞとばかりに駆けつけたのだが、この度入手した宿のパンフレットには、日帰り入浴も受け付けていることがしっかり明記されていた(ちょっとがっかり)。

関温泉街。
2004年9月、源泉と全ての宿の大浴場で科学的な分析を行い、その分析結果をもって「源泉100%かけ流し宣言」を行った。
seki_hatune_01.jpg

初音は関温泉街の入口に位置する。モダンなデザインの外観。
seki_hatune_02.jpg

浴室は内風呂の「神仙の湯」と「明神の湯」がある。宿泊客は無料で貸切りできるという。
今回入浴したのは神仙の湯である。
浴場のドアを開けたら、油のような天然ガスのような強い臭いがした(温泉の臭い??)。
seki_hatune_03.jpg
関温泉は赤く濁った湯で知られているが、ここの湯はわずかに茶褐色に濁った程度で、予想していたよりも薄い色であった。温泉成分の鉄分が酸化すると湯が赤く濁るのだが、色が薄いのは酸化が進んでおらず、鮮度がいい証拠であろうか。
湯はわずかにしょっぱく、酸っぱさも感じた。鉄味、鉄臭もある。大変いい湯である。

湯は間違いなくいいのだが、内風呂だけでは少々物足りない。やはりここは宿泊してなんぼであろう。
館内は木をふんだんに使い、照明と共に温かみのある館内を演出していた。いつか、こんな宿に泊まってみたいなぁ。

さて、関温泉と赤倉温泉を結ぶ関・赤倉線(県道396号線)沿いに、「不動滝(大滝)」と呼ばれる滝がある。
妙高エリアには沢山の滝があるが、この滝もなかなか見応えがある。
seki_hatune_04.jpg

↓お得な宿泊プランのある「じゃらん」。(じゃらんの「うぐいすの初音」のページを開きます)


記事が、面白かった、ためになったと感じたら、
↓拍手をお願いします(参考&励みになります)。
web拍手 by FC2
妙高市 / 2010.12.15 08:20 / TB[0] / CM[0]






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 


お勧めサイト



    私もよく利用する旅行サイトです。お得な情報が満載!


ブログ内 記事検索


スポンサードリンク





RSSフィード


QRコード

QR


* Designed by cadet; * -----【Login】