fc2ブログ
Since 2008.05.17

気ままに温泉巡り日記

超秘湯から有名温泉まで、気ままに紹介します。

02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »04

プロフィール

ねゐる

Author:ねゐる
・趣味は温泉巡り
(特に秘湯やB級温泉を好む)
・温泉巡り歴は21年目
(2002年~)
・現在の入湯数は約600湯
・主に新潟県の温泉地に出没


最近の記事


過去ログ


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー



十日町温泉 越後妻有交流館キナーレ 明石の湯
温泉名・施設名:十日町温泉 越後妻有交流館キナーレ 明石の湯
場所:新潟県十日町市本町6 [地図]
訪問日:2004.03.07(日)
泉質:なし(低張性冷鉱泉、メタケイ酸での規定泉)
日帰り入浴料金:500円 (タオルなし) 夜間割引あり
勝手に5段階評価:☆☆☆

道の駅「十日町クロス10(テン)」に隣接する、十日町温泉「越後妻有交流館キナーレ 明石の湯」。

明石の湯は、越後妻有交流館キナーレ内にある日帰り温泉施設である。キナーレの建物の設計は、著名な建築家「原広司」によるものらしい。

メタケイ酸で温泉法の基準は満たすものの、成分的に療養泉には該当しないので泉質名は付かない。しかし、公には泉質名は「塩化物・炭酸水素塩泉」となっている。
これは入浴剤か何かで成分を調整した、いわゆる人工温泉ということであろう。ちょっと誤解を招きそうである。

キナーレの外観。遠目だと工場か倉庫のようにも見えるが、中はデザイナーズな感じである。
kinare_01.jpg
画像は全て2009.05.01撮影

建物の中央部分は池になっており、通常は水が張られているようだが、この時は水は無かった。
池を囲むようにして、きもの歴史館や体験工房館、温泉施設(明石の湯)などが建つ。
kinare_03.jpg

明石の湯の入口。脇にはオープンカフェスペースもある。
kinare_02.jpg

浴室は、「ちぢみの湯」と「かすりの湯」がある。ちぢみの湯は、奇数日が男性、偶数日が女性となっている。
この日は、ちぢみの方に入浴した(と思う)。広めの大浴場の他、かわり湯というものがあり、生薬湯、ハーブ湯など定期的に変わるようだ。露天風呂はない。
湯は無色透明無味無臭で、あまり特徴は感じられなかった。

温泉自体はさておき、施設は秀逸なデザインであり、休憩室や仮眠室などもあり、ゆったりできる。
午後5時以降は夜間割引で400円、金曜日は女性300円、などの割引もある。
記事が、面白かった、ためになったと感じたら、
↓拍手をお願いします(参考&励みになります)。
web拍手 by FC2
十日町市 / 2011.07.29 01:28 / TB[0] / CM[0]






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 


お勧めサイト



    私もよく利用する旅行サイトです。お得な情報が満載!


ブログ内 記事検索


スポンサードリンク





RSSフィード


QRコード

QR


* Designed by cadet; * -----【Login】