fc2ブログ
Since 2008.05.17

気ままに温泉巡り日記

超秘湯から有名温泉まで、気ままに紹介します。

02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »04

プロフィール

ねゐる

Author:ねゐる
・趣味は温泉巡り
(特に秘湯やB級温泉を好む)
・温泉巡り歴は21年目
(2002年~)
・現在の入湯数は約600湯
・主に新潟県の温泉地に出没


最近の記事


過去ログ


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー



上高地温泉 上高地温泉ホテル(中編)
温泉名・施設名:上高地温泉 上高地温泉ホテル
場所:長野県松本市安曇上高地4469-1 [地図]
訪問日:2016.10.10(月)
泉質:単純温泉
日帰り入浴料金:800円 (タオルなし)
勝手に5段階評価:☆☆☆☆

前項の前編(ブログ参照)から続く。
この日は長い間憧れていた「上高地」を訪れた。
そして、上高地に沸いている唯一の温泉、上高地温泉に入れる「上高地温泉ホテル」を訪問した。

上高地温泉は1830年頃発見され、湯屋を開設。1887年に宿泊営業を開始した。
1931年に、現在の上高地温泉ホテルに改名し、現在に至る。大変歴史のある宿である。
上高地で温泉に入れる2つの宿の内の一つである(もう一つは「上高地ルミエスタホテル」)。
kamikochi_27.jpg

大正池から徒歩約50分。上高地温泉ホテルに到着。
本ホテルには足湯が設置されている。こじんまりとしているが、無料で誰でも利用できるのは嬉しい。湯温も適温だった。
kamikochi_08.jpg

さて、立ち寄り湯をするには、ホテルの正面から見て右端にある入浴券売機で券を購入し、そのすぐ脇にある専用の入り口から入る。
立ち寄り湯できる時間は、7:00~9:00、12:30~15:00と少し変則である。
kamikochi_07.jpg

浴場は男女入れ替え(?)で、穂高連峰側の「梓の湯」と焼岳側の「焼の湯」がある。
この日に入ったのは、梓の湯。

内湯。湯はほとんど無色透明無味だが、若干の温泉臭あり。
冷え切った体がじんじんと温まり、まさに極楽。
kamikochi_09.jpg

露天風呂の樽風呂(その1)。
kamikochi_11.jpg

露天風呂の岩風呂(上段)。
kamikochi_12.jpg

露天風呂の岩風呂(下段)。
kamikochi_10.jpg

岩風呂からの眺め。絶景とまではいかないが、悪くはない。
kamikochi_14.jpg

露天風呂の樽風呂(その2)。
こちらの浴槽のみ、3号源泉を使用している(他は2号源泉)。
2号源泉と異なり、湯は黄白濁しており、鉄味鉄臭がする。
kamikochi_13.jpg

気軽に立ち寄り湯できるため、上高地観光の際にどうぞ(入浴可能時間に注意)。

中編はここまで。後編では、上高地温泉ホテルから河童橋~明神池の見所を中心に紹介する。次項へ続く。

↓お得な宿泊プランのある「じゃらん」。(じゃらんの「上高地温泉ホテル」のページを開きます)
記事が、面白かった、ためになったと感じたら、
↓拍手をお願いします(参考&励みになります)。
web拍手 by FC2
長野県 / 2016.11.27 14:25 / TB[0] / CM[0]






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 


お勧めサイト



    私もよく利用する旅行サイトです。お得な情報が満載!


ブログ内 記事検索


スポンサードリンク





RSSフィード


QRコード

QR


* Designed by cadet; * -----【Login】